TOP >>瀧山敏郎のぶったき川柳



瀧山敏郎のぶったき川柳 101首

  さやろか 今日も場当たり おもいつき
  未来ある 生徒に迷惑 陰気もの
  感性の 鈍い人間 薬なし
  プライドは 一流もどきで 動きなし
  先生と 呼ばれていい気の 間抜け顔
  アホ講師 生徒のやる気を もやくだけ
  生徒減る どの面さげて 金もらう
  人はよく 授業が下手な ただのアホ
  ぶら下がり 三流講師が 塾つぶす
  泣きながら 石を持ちつつ 後ずさり
  研修も すべて死に金 豚真珠
  挨拶も ろくにできない ダメ社員
  鏡みて 己の姿に 絶句する
  義理人情 涙があって 人となる
  ねるま湯に つかったカエルは 首さびし
  愚痴不満 口にするほど 身が滅ぶ
  負け犬は ライバルけなして やせ細り
  えさ求め 今日も集いし 烏合の衆
  ご苦労さん 共存共栄 アホちゃうか
  勉強しろ 先生アンタが 勉強せい
  黒板の 前に立ってる タダの人
  知識あり 人間知らずで 食いはぐれ
  一流の 大学出ている 三流人
  汗かかず あぐらをかいて 恥をかく
  ベテランが そろって群がる 養老塾
  面倒見 自慢はそれだけ 情けなや
  休み 金 死ぬまで もめてろ 塾つぶせ
  また会議 何を決めるの 学級会
  新聞も ろくに読まずに 先生業
  年齢は 言うなと口止め ガキ講師
  明るいと 軽いは違う バカ講師
  肩書きと 名刺は立派 田舎塾
  髪染めて 人気取りして 塾つぶす
  我が子には 受けさせたくない 授業かな
  辞められる おびえて弱気な 塾長さん
  地域性? 選んだあんたが アホなだけ
  犯罪に 似たり 授業の腕のなさ
  美辞麗句 並べたチラシに 罪意識
  また辞めた 愛想つかして また辞めた
  昨年比 10%ダウンで ホッとする
  口コミに 頼って無策で 生徒来ず
  人材を ぼやくトップの いい車
  夢を持て 説教講師に 夢はなし
  ねえ先生 金は出すから 伸ばしてよ
  5年先 考えないのが 生きるコツ
  子供とは 会話ができる 塾講師
  茶番劇 茶髪講師の 精神論
  わる講師 裏切り狙って 虎視眈々
  うぬぼれと 口先ばかりで 自信なし
  ばれなけりゃ 出すかもしれない 悪魔の手
  教育を 語る唇 卑猥かな
  学生に 媚をうちつつ 食いつなぐ
  ついてこい 生徒だまして 10年目
  目くそ見て 笑う鼻くそ 止まるハエ
  火をつけず 生徒の気持ちに 傷をつけ
  親の汗 親の涙が 我が給料
  先生の 授業が大好き 仮眠室
  残業の 手当てがつけば 生徒第一
  我が信念 健康あらば 命もいらん
  不合格 させた生徒を すぐ忘れ
  教養の なさがしみ出る ボサ髪や
  ”正”の字で 数えて笑う 言葉癖
  そのノリを 授業で出せよ カラオケ狂
  面接で 見抜けずだまされ カスつかむ
  警報が 解除されない こと祈る
  ”きしょい”奴 生徒の陰口 意味知らず
  情熱を 語る饒舌 二枚舌
  塾転々 転がる自分が 首を絞め
  社長さん 気をつきあそばせ 倒女病(とうにょうびょう)
  言い訳は いいから しっかり 働きな
  ええ年を こいた男の ふくれずら
  ダイエット? それよりどうや die yet?
  礼節に うるさい奴の 非常識
  忙しい いいわけごまかし 第一位
  肩書きで 釣りしメダカが 邪魔になり
  平講師 ナンバー2を 上回り
  生徒減り 宣伝文句は 少人数
  社交性 いえいえ 私は夜行性
  ガス抜きの 社員旅行で ガスをため
  新しい ライバル塾は もと社員
  塾業界 D・Mの意味 ”ダメでもともと”
  金で釣り 肩書きで釣り 首をつり
  異業種の 転職組みが 幅利かし
  e-mail 謀反の計画 着々と
  塾講師 流行病(はやりやまい)は 神経麻痺
  夏になりゃ 机間巡視は 女子中心
  だまっとれ やめる勇気も ないくせに
  会議でて しべらぬ社員に 吐き気する
  古臭く 時代遅れで 総すかん
  腰掛の 女性講師に すがりつく
  こんなもの わからないかと 毒を吐き
  アンケート 時期が近づきゃ いい先生
  親からの クレーム電話に ゲップでる
  どんぶりが 塾経営の 必需品
  張りぼてが ばれると困る 内弁慶
  板書き文字 漢字間違え 馬鹿がばれ
  赤面す 俺でいいのか スーパー講師
  心罰で(言葉や態度) 心えぐる 非人間
  我が子には 無力をさらす 教育者
  親がみりゃ 詐欺といわれる この授業
  家 学校 塾に来てまで 三重苦

TOP へ