TOP >> 連載コラム 第9回

連載コラム
瀧山の「なっとらん受験産業」
…まともな受験教育への提言

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
第16回
第17回
第18回
第19回
第20回
第21回
第22回

 



連載コラム 瀧山の「なっとらん受験産業」…まともな受験教育への提言

第9回


学者バカがそろって何が教育再生だ!

12月24日朝日新聞に、「塾禁止」論が政府の教育再生会議の中から出てきた。内容は「塾は出来ない子が行くために必要だが、普通以上の子は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」ということだ。しかし委員の中には「日本の数学のレベルは学校ではなく、塾によって維持されている」という意見もある。第一次報告の原案の中には「塾禁止」は盛り込まれていない。

とんでもない暴言だ。そもそも塾が出来た理由を知っているのかといいたい。学者バカがそろって何が教育再生だ!出来る子も、出来ない子も、塾が支えてきた事実がある。公教育のていたらくが塾を増やしたのである。親は知っている。公教育の学校には任せられないことを。塾に通っている生徒の塾に対する感想は次の通りである。1.よくわかる 2.塾の先生には何でも相談できる 3.塾は楽しい 本来税金でまかなっている学校がやるべきことではないのか。公権力の座にいるものが塾禁止を発言するとは民主主義に対する挑戦である。塾はもはや一般国民が認めている民間教育機関である。多くの講師、その家族、関係者が夢を持って生活し、生業としている事実も付け加えておこう。公教育と塾がせいせい堂々と競争すればいい。それで塾がなくなればそれもよし。しかし塾を選択するのは国民だ。一部の教育音痴のエリートが決めることではない。一方塾に目を向けると、一部の教育再生の委員が言うとおり、商業政策に走っている傾向があることも否めない。一部の大手の塾がこの傾向にある。そもそも塾が上場するのは反対だ。商品があって上場するのはわかる。将来、国を支える子供は商品ではない。 

このコラムでも私は偽の塾はつぶれるべきであるといってきた。もともと塾も学校も子供、生徒にどれだけ学力、人格形成に貢献できるか、サービスできるかである。かつて、このコラムの中で「先生、なんで勉強するの」と言われて、キチント答えられるかと問うたことがある。「勉強はなりたい自分の可能性を広めるプロセスである」「教師は生徒の援助者である」

政治的論争に関係なく塾の先生、学校の先生は生徒にいつも向いていよう。政治家に、学者に現場の教育は任せられない。地味な学習を私と共に学ぼうや!

生徒を魅了し、やる気にさせる演出スキル

最近、小学校5年の生徒に会った。この子は塾にいっている。学校の先生も塾の先生もあんまり好きではない。だからその先生に習うことも気が乗らないし、当然のことながら、学力がつかない。特に算数が苦手である。よくよく聞いてみると、算数が嫌いなのではなくて、教えている先生が嫌いなのである。それからこの子は塾を変えた。習った算数の先生は70歳の年配のベテラン。喜んで、塾に行くようになった。当然成績が上がってきた。この子に言わせると、カッコええ先生だと両親に言っている。いろいろ聞いてみて、分析すると次のようなことがわかった。1.算数をユウーモアをまじえておもしろく教える 2.繰り返し、繰り返し教える 3.算数は誰でもわかるからギブアップするなと言っている 4.子供がどこで落ち込むかを知っている 5.時に厳しく時間をかけてやらせる 6.帰るとき、がんばったねといって声をかけている 

以上の6項目をしただけで子供の心をつかんだのである。子供が変わるのは実はちょっとした教師の気配りと工夫である。コラム・連載2の教師の不人気の原因ワースト10を紹介しましたが、この先生はワースト10のどれにも該当していない。現役を退いてかなりたっているが、小学校5年にとってはかっこいいのである。生徒を魅了する第一はわかりやすい授業である。これが基本である。授業がわかりやすくなければ、若かろうと、イケメンであろうと、ユウーモアがあろうと、パフォーマンスをしようと、生徒をほめようと、近づこうと、何をしてもだめである。授業がわかりやすいから、ユウーモアも、パフォーマンスも生きてくるのである。 先ず、教える教科の商品化である。連載4で瀧山の英語の商品化を照会した。徹底した予習をすると、必ずその人独自の教え方が目に見えてくる。市販の参考書を頼りにしたり、教科書の解答を頼りにしているようでは商品化はありえない。手前ミソで申し訳ないが、今年度、全国の塾、学校で「瀧山の9割は取れる究極のセンター対策英語」を講演しましたがたいそう好評でした。簡単に点が取れる商品化に成功したのである。そのために、過去問を徹底分析した結果ある法則を見出した結果である。私の友人である日本史の横田伸敬先生、古典の荻野文子先生がこの商品化に成功したのである。一般の先生はこの商品化はもちろん、生徒にとって、解りやすい工夫がない、スキルがない。教えることを生業にしている人は、解りやすい授業と商品化が不可欠である。政府の教育再生会議がすばらしい教育政策を打ち出したとしても、つまり手形を切っても、現場の教師が手形を落とせないのが現実である。コラム連載2で照会した動機付けが商品化の次に重要となる。

動機付け・・・元気・活気・覇気・やる気・人気・勇気のでる授業

パフォーマンスとは:授業にパフォーマンスは必要だと考えている。いわゆるおもしろ、おかしくではない。教壇の前で演じることだ。声、表情、アクション、板書、語りかけ、アイコンタクト等外的要素と同時に、内的要素である教科書の中からネタを探し、生徒に興味ある話題と教科内容を結びつける工夫が必要である。教科書をシナリオにすることだ(コラム連載4参照)。また生徒の笑いを引き出すのも動機付けになる。面白い話をし続けると長続きはしない。笑いは緊張と緩和から出てくる。つまり真剣の授業とユーモアーのある授業の繰り返しである。変化創出が笑いを作り出す。私は教科書にネタがないときは教科内容と結びつけた話を自分で作り出す。教師は俳優と同時に演出家でもある。わかりやすい授業の追求には大変な努力が要求される。私は教育をサービス産業と考える視点を持っているので、何十年もの授業で飽いたことが一度もないと自信を持っていえる。

「教師は魂の演技者である」と再度いいたい。「勉強しろ? 先生 あんたが 勉強せえ」